いまだけの美しいものを。

ここだけの美味しいものを。

何がいいかしら

きょうもあしたもあさっても。

お店からの
メッセージ

おかげさまで、7周年を迎えました。

この春に、あらためて思うことは、
父が伝えたかった韓国料理の美味しさを、
私なりに表現してみたい、ということでしょうか。

円山銀座園は、私流の韓国料理とおもてなしのお店。
その原点は、ススキノの焼肉店「銀座園」に
あるように思えます。

あの頃の「銀座園」は、私の遊び場であり、
心を育ててくれた場所でした。

父はお客様に、これ食べてみてください、おいしいですからと、おすすめするのが好きな人でした。
メニューにない料理をサッと作っては、
私にテーブルへと運ばせた父。
お肉といっしょに、自分の作る韓国料理を
お伝えしたかったのでしょう。

母は、いつもホールでお客様と笑顔で接する、
おもてなしの人です。
ふたりの心を、私が受け継いでいるのだと、
感じられるのです。

この土地との出会いも、私にとって幸いでした。

桜、紫陽花、むくげ、ナナカマドと、
庭に昔からある樹木が、季節の移り変わりを教えてくれます。

お料理でもまた、季節を楽しんでいただきたいから、
春は、桜、筍、山菜、アスパラも。
夏は、トマト、庭で育てたサンチュやエゴマもおすすめ。
秋は、ニンニク、南瓜にきのこ。
冬は、ゆり根、ブロッコリー、山芋と、
つぎつぎと旬をテーブルにお届けしましょう。
折々の野菜は、キムチやナムルにしてみましょう。
焼肉屋には珍しく旬の魚もどうかしら。

お客様の顔を思い浮かべながら、
何がいいだろうと考えることさえ楽しく、
その幸せをお料理に添えて、
おもてなししたいと願っています。

父と母が、築いてくれたことを、いま、私が表現しています。
やがて、形を変えて息子へと受け継がれていくでしょう。
いつまでも、愛される店づくりと、おもてなしの気持ちを、しっかりと心に刻みながら。

2016年4月20日

円山銀座園 店主 牧勝美

Maki Katsumi
1954年7月26日生まれ。辻調理師学園札幌校に学ぶ。22才で全国料理学校協会・技術検定証、取得。師範免許取得。父・牧俊明と母・昭子が創業し、半世紀に渡って愛されたススキノの焼肉店「銀座園」のおもてなしの心を、形を変えて、いまに受け継ぐ。
円山 銀座園
円山 銀座園

アクセス

住所
札幌市中央区南3条西22丁目2-2
TEL
011-215-4878
営業時間
17:00~23:00(食事ラストオーダー 22:30)
※21:30までのご入店をお勧めしております。
定休日
毎週水曜日
アクセス
地下鉄東西線「円山公園」駅4番出口徒歩7分
席数
28席(カウンター4席 テーブル5卓)
お弁当のご案内
4~5食以上のご注文から、お弁当を承ります。
※ご予約は、2日前まで承ります。※当日のお引き取りをお願いいたします。
※お弁当の取扱いは5月30日まで(受付は28日まで)とさせていただきます。

円山 銀座園 地図

Google MAPを開く